お買い物

トンビマイタケ

8月のお盆~9月上旬ころまで、ブナの枯れ木や倒木、生木の地際に出てくるのがトンビマイタケ。大鳥では”トビタケ”とも言われ、茸シーズンの始まりを知らせてくれる茸です。この時期になると「トビタケ採ったか?」という情報交換が集落内で度々行われるのを見かけます。

トンビマイタケは一枚一枚の傘が大きく、成長すると固くなってしまうので若いうちに採取して食べる。採り方は根に張り付いたものから採る。手で触れたり、物に接触すると徐々に黒く変色するが、味に問題はありません。ちなみに、取り損ねて腐ってしまったトンビマイタケを見かけたら、「採って捨てろ」という。そうしていると来年も同じ木から採れるかもしれないが、捨てないと2年後、3年後と発生が遅れてしまうんだとか。

クリーミーな香りがする茸。肉厚で硬めの食感なのでサキイカのように細かく裂いたり、刻んだりして調理します。天ぷらにする場合は醤油・砂糖で下味をつけてから天ぷら粉をつけて揚げるとおいしい。

※トンビマイタケの炒め物の残りを冷蔵庫で保管していると“白い汁のようなもの”が出ますが、カビではなく、問題なく食べられます。

ご購入前にお読みください

・天然の山菜、キノコは毎年の気候・天候によって収穫状況が大きく左右されます。天然のトンビマイタケは特に採取が難しいキノコであり、山の名人でも採取できないことがあります。ご予約を頂いても受注をキャンセルさせて頂くこともございますので予めご了承ください。

・支払い方法は代金引換、後払いのみとなります。(銀行振込は不可。)

・確かな品質のものを鮮度が良い状態でお届けするために、当店では日付指定での配送をお受けすることが出来ません。発送が完了しましたら、発送のお知らせをメールにてご連絡させて頂きます。

・トンビマイタケは鮮度保持のため、水洗い等を行わずに発送させて頂きますので、枯葉や土、虫などが混ざる場合がございます。その際は大変お手数ですが、各ご家庭でのゴミ取りのご協力をお願いできればと思います。山で採取してくるキノコということでご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

山のめぐみ図鑑

トンビマイタケ|鳶舞茸 トビタケ

大鳥で"トビタケ"と言われるトンビマイタケは、ヘラ型の傘で茶褐色、裏は白色。傘の色が鳶色に似ているこ …