大鳥のこと

タキタロウ館(釣り堀・食堂・売店・展示・キャンプ場)

「タキタロウ館」は大鳥川のせせらぎが聞こえてくる場所に位置し、大鳥の大自然を感じながら釣り堀、お食事などが楽しめるゆっくりとした時間を楽しめる空間となっております。

春から秋にかけて釣り堀やキャンプができ、毎年8月16日は魚のつかみ取りで大人気な大鳥川フェスタ。秋には地元で採れる原木なめこをふんだんに使った『ナメコそば』を堪能できます。

館内には怪魚タキタロウの模型、登山情報、その他企画展も展示されています。

 施設紹介

釣り堀

ニジマス、イワナを釣ることができる釣り堀。小さいお子さんでも安心して釣りを楽しむことができます。

料金: 一竿500円 (竿・針・エサ・バケツは貸出します)※一竿5匹まで。釣り糸が切れたらその時点で終了。

釣った魚はタキタロウ館で塩焼きにしてもらうこともできます。(150円/匹)

食堂

食堂メニュー

ざるそば・ざるうどん・温かいそば・温かいうどん・イワナ焼・なめこそば(秋限定)

その他、ジュースや朝日地域限定のアイス(タキタロウアイス・山ブドウアイスなども販売しています。)

展示

タキタロウに関する展示

タキタロウ伝説のお話、タキタロウの模型、ホルマリン漬け、大鳥池のことについて、釣りキチ三平などを常設展示しています。

大鳥民俗パネル展示(企画展2017年8月~2018年春先まで)

大鳥地域の採集文化、特に”ぜんまい小屋の営み”にテーマを絞ってパネル展示をしています。パネルの枚数は6枚。地下一階に展示中。場所がわからない場合はタキタロウ館スタッフにお声掛けください。

売店

タキタロウTシャツ、タキタロウの手ぬぐいなどのタキタロウのオリジナルグッズ。大鳥ならではの商品も並んでいます。

春には山菜(わらび・ぜんまいなど)、秋には茸(ナメコなど)の直売も行っています。販売時期に関してはタキタロウ館に直接お問合せ下さい。

タイミングが良ければ地元の猟師が獲ったツキノワグマの爪で作ったキーホルダーなんかも置いているかも。

 

オートキャンプ場(タキタロウ広場)

朝日連峰から流れる大鳥川のすぐそばに位置する河畔のキャンプ場。春先であればダム湖でカヌー・カヤックを楽しむお客さんもいらっしゃいます。事前予約不要、サイトもフリー。キャンプ場から徒歩2分の場所にある旅館朝日屋で入浴も可能なので安心。(要予約、時間制限あり。)

広々としたキャンプ場で子供と川遊び、気の合う仲間とBBQなど。大鳥の自然を体験しながらゆったりとした時間をお過ごしください。

※7月下旬~8月は蚊やアブが出るので、気になる方は対策をしてお越しください。また、朝夕は冷えますので防寒着も欠かさずに。

タキタロウ館・キャンプ場の基本情報

所在地 山形県鶴岡市大鳥字高岡55−8
開館日 5月~11月の火曜~日曜日 ※月曜日が祝日の時は火曜日が休館となります。その他不定期で休館することもありますので、大鳥に来る場合は予めタキタロウ館に電話して確認するのが確実かと思います。
営業時間 9:00~17:00
施設 電話、FAX、食堂、売店、釣り堀、キャンプ場(タキタロウ広場)、水洗トイレ、手洗い場、風呂(旅館朝日屋 利用料:500円/人)
釣り堀 一竿500円 (竿・針・エサ・バケツは貸出し)※一竿5匹まで。釣り糸が切れたらその時点で終了。
キャンプ料金 車一台:1,500円  バイク:500円(一人当たり)
キャンプ予約 不要。タキタロウ館にて直接受付。
交通アクセス  【車】JR鶴岡駅から車で70分、庄内あさひICから30分
 駐車場  50台
 電話番号  0235-55-2452

キャンプ場 詳細情報

ロケーション   河畔
テントなどの貸出 ×  
直火 × 焚き火台を利用下さい。
花火 手持ち花火などはOK。ロケット花火などはNG
サイト   フリー
キャンピングカー 乗り入れOK
バンガロー、コテージなど ×  
AC電源付きサイト ×  
温水シャワー ×  
温泉 × 最寄りの温泉はかたくり温泉ぼんぼ(タキタロウ館より車で30分)
風呂(旅館 朝日屋) 要予約。時間制限あり。(旅館朝日屋 タキタロウ館より徒歩1分 利用料:500円/人 電話:0235-55-2233)
バリアフリー施設  タキタロウ館入口はスロープ。トイレはバリアフリーではありません。
水洗トイレ  
駐車場 50台
補助犬同伴  
ペット同伴  
カヌー  
釣り  
トレッキング 朝日連峰への登山も可(6月~10月)
バードウォッチング  
星空観察  
川遊び 大鳥川がキャンプ場のすぐそばにあります。
桜スポット 5月上旬が見ごろ
紅葉スポット  10月~11月頃