お買い物

青こごみ

正式名称はクサソテツ(草蘇鉄)ですが、大鳥を含め、東北ではこごみと呼ぶのが一般的だそう。雪が消え、4月下旬~5月上旬頃にもなると、湿り気のある林や沢沿いの地面から青こごみが頭を出し始める。一週間も経てば旬が過ぎてしまう成長が早い。

まだ若芽のうち、茎がなるべく太いモノを芽から10cm程のところを手で折って採取します。一株から少なくても2~3本、多いと5~10本くらい生えてくるが、採取する時は2~3本は必ず残して採る。

こごみはアクもなく、下処理も必要なく、味にクセもないので、調理に使いやすい。茹でると少しぬめりがあります。炒めものや和え物、煮物、天ぷら、お浸し、何でも合います。パスタの具材としても使えるし、ピクルスもOK。

大鳥では、青こごみのクルミ和え、ゴマ和え、お浸し、天ぷらなどにしてで食べるのが一般的。

ご購入前にお読みください

天然の山菜、キノコは毎年の気候・天候によって収穫状況が大きく左右されます。確かな品質のものを鮮度が良い状態でお届けするために、当店では日付指定での配送をお受けすることが出来ません。発送が完了しましたら、発送のお知らせをメールにてご連絡させて頂きます。

お届け時期:5月上旬~5月中旬ごろ

山のめぐみ図鑑

クサソテツ|草蘇鉄 青コゴミ

正式名はクサソテツ(草蘇鉄)ですが、大鳥を含め、東北ではこごみと呼ぶのが一般的。新芽がクルクルと巻い …

大鳥の献立

青こごみの胡麻和え

作り方 ①青こごめを2分ほど茹でる。 ②醤油・砂糖をベースに、お好みでマヨネーズを入れても良 …

青こごみの味噌クルミ和え

冬まっただ中の2月。知り合いから栽培の青コゴメをもらったからと三浦勝子さんが作ってくれた一品。シンプ …