お買い物

イタドリ|塩漬け

5月中旬頃から日当りの良い斜面や道路端に生える。50cm程度に伸びたイタドリを根の近くから折り取り、葉を取る。採集したイタドリは一本一本皮を剥き、米ぬかをまぜて塩漬けにして保存される。

塩出ししたイタドリは油炒めで食べるのが大鳥では定番。「おらほのドンゴイは、町のほうのドンゴイよりやっこい。下の方のドンゴイは繊維が多くてかてぇなや。」と言われ、食べてみるとコリコリした食感で食べやすい。メンマに似ていて、おつまみにピッタリ。パスタの具材も良いし、白和えも合う。

イタドリの油炒め。味付けは醤油・砂糖・酒。ラーメンのメンマのようにコリコリとした食感で、おツマミにピッタリ。

発想は塩漬けの状態で行いますので、届きましたら日の当たらない場所で保管ください。調理される際には塩出しをしてご利用ください。

ご購入前にお読みください

注文後、1週間以内に発送いたします。きのこやお米などを一緒にご購入頂いた場合は同封も可能なので、気軽にご相談ください。

お届け:7月~3月ごろ迄

山のめぐみ図鑑

イタドリ|虎杖 ドンゴイ

イタドリ(虎杖)は、江戸時代中期の和訓栞という書物では、傷薬になる"痛みとり"が語源とされ、民間療法 …

大鳥の献立

山菜、キノコの塩出し方法

塩蔵された山菜や茸は、真水に浸して塩を取り除いてから、調理をします。山菜・茸ともに時間をかけて塩漬け …

イタドリの油炒め

メンマみたいな味わいがするイタドリ。 朝日屋旅館の女将、佐藤ゆきさんから「ドンゴイくわねぇか? …

イタドリの塩漬け方法

イタドリは生のまま食べられるのは新芽だけ。茎は酸味が強く、とてもじゃないが食べられないが、イタドリの …